スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

2/26 岡山 ゆうあいセンター開設5周年記念シンポジウム

 2011-02-27
に行ってまいりました!!

午前は、フッリプディスカッション(ある問いに対してパネリストがボードに思う答えを書く、といったクイズ形式のようなもの)がありました

パネリストには、広島・山口・岡山・島根・鳥取の中国地方5県の各団体の方々を迎え入れてのディスカッションでした
前半は各団体方の活動紹介に始まり、後半はフリップディスカッションという流れで

印象に残った問いが
Q1:参加を広げる上での壁・課題は? に対して

島根県の団体の方が答えのが「勘違い」でした。

「仕組みさえ作ってしまえば、問題は解決しちゃうでしょ」

という考えの壁があるようです
その考えを「そうじゃない、次につながる運営やさらに広がるようにドンドンと工夫していかなきゃいけない」というのに変えていかなければならないとおっしゃりました

自分にもとりあえず形をつくらなきゃという気持ちがあり
今回これを聞いてそういう視点にも立って物事を考えなければと強く思いました

また、話の中に10人にメールをまわせば10分で150人にメールがまわる、という話が出てきて

学生に向けてのインターン・プロジェクトの報告、インターン・イベントの広報

を目的のメーリングリストを利用したメルマガみたいなのを創るのもおもしろいな
という話がシンポジウム後の話し合いでてきました

これからある説明会や、イベントなどで輪を広げていけると感じました
このメーリングリストも創っていきます!

そして、午後は学生ボランティア交流会に参加しました
ボランティアをする学生がどういう考えをもっているのか、どんな活動してるのか、どんな学生が参加しているのか・・・それと学生と一番触れ合えるだろうとおもい参加してきました。

ボランティアとインターンシップは学生が参加するということや、目的(自己成長や地域活性など)は共通してるのですが、本質はまったく異なり、仕掛けていく立場・視点、プロセスが真逆の位置にあります
ボランティアに参加している学生の話を聞いていると、ボランティアは友達が一緒にやっていたりや気軽に参加できてインターンはちょっと敷居が高い、なんていうの聞きました。
交流会で出会った学生はみんなちゃんとした目的をもてボランティアに参加していて
きっかけがあればもう一歩ふみだしてインターンに挑戦する学生がたくさんいそうな感じがしました

このシンポジウムのあと、とあるラジオ番組に出演させていただきました。
長くなったのでつぎのブログでまとめますw
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://takannn.blog109.fc2.com/tb.php/9-1d540b4a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。